大野建設のモデルハウス行田市周辺で自然素材の注文住宅リフォーム ~緑と陽だまりのある暮らし:きづくり~
ブログトップ | ログイン

イベント報告

こんにちは!

熊谷らしからぬ生ぬるい風が吹く今日この頃。

佐谷田展示場にフルーツかき氷の車が来てくれました。
しかし、この気温なので例年の様にはいかないようで。。。

お誘いを受け、私も購入。

a0353277_16454174.jpg
これは、ブログのために頼んだので、決して食べたかったわけではございません(嘘)
このあと美味しくいただいちゃったりしていません(嘘)

かき氷カーをバックに午後の優雅なひとときとなりました。

植物たちはこの温度と湿度がちょうどいいようでぐんぐん育っておりますが、同時に草もぐんぐん。。。

みなさん!熱中症に注意しながらお庭づくりに励みましょう!


佐谷田展示場 小山

# by Kadoi_GreenGarden | 2017-08-05 16:48 | Comments(0)

新芽



こんにちは。

露が明けたそうですが、今年は思ったよりも降水量が少なく水不足が懸念されています。

お庭のカツラも少し赤みがかってしまい、水を小まめにあげて療養しております。

そんな中、太陽の光をさんさんと浴びて、ひときわ元気な子たちが!
南の地域が原産の植物だったり、乾燥地帯で育つ植物は熊谷の夏には強いですね。

まずは、今年新入り【ミカン】。植え替えてからずっと芽が出ずに心配していたところ

a0353277_17222430.jpg
芽が出ました。きれいな黄緑色です。
奥に見えるジュンベリーは、実がなったとことから小鳥に食べられてしまいます。
きっとみかんも。。。しかし、庭に小鳥がやってくるのも、またいいものです。
元気に育ってくれることを楽しみにしています。

続きまして「オリーブ」です。
a0353277_17253641.jpg
北側に植えたので成長のスピードが緩やかでしたが、ここ2週間でぐんと成長しました。
よく見ると、新芽のところは少し色が薄いのが見えます。
撮影をした日は曇りだったので光の加減ではございません。正真正銘の新芽です。
北側なのによく育ってくれています。

みなさんのお庭の植物たちはいかがお過ごしでしょうか?
植物も原産国によって特性が違いますが、熊谷育ちの私が暑さに弱いのはここだけの秘密です。


佐谷田展示場スタッフ 小山


# by Kadoi_GreenGarden | 2017-07-24 17:21 | Comments(0)

家庭菜園

体験宿泊型展示場【きづくり】で家庭菜園をしています。

ハーブやレタスの葉物が多い中で真っ赤で真ん丸な実を着けていたのは【ミニトマト】
a0353277_12550022.jpg
支柱を建てて倒れないように、傷つかないようにと大切に育てました。
きっとおいしいはず!と思いましたが勤務時間中です!我慢しました。
ぜひ、ご見学にいらしたお客様に食べていただきたいと思います。

ミントは成長が圧倒的に早く、毎週のようにザクザク枝を落としてもまた伸びてきます。
私は、お庭の手入れの最後にミントの選定をするようにしています。
最後にミントの爽やかな香りが手に残り、しばらくいいにおいで過ごせますから!

皆様も、自分流の庭造りのルールなどありますか?

スタッフ 小山


# by Kadoi_GreenGarden | 2017-06-27 13:30 | Comments(0)

ついに撮った!

みなさまこんにちは。
熊谷特有のじめじめが感じられる今日この頃。。。
お庭の手入れも汗ばみながら頑張っております。

私が炎天下の中、草をむしっては投げ、むしっては投げ(投げてはいませんが笑)しているときに
この子たちは涼しくていいなーとメダカちゃんの鉢をのぞくと・・・
a0353277_16453773.jpg
なんと、鉢の中の睡蓮が花を咲かせていました。
小さな鉢に小さな花が揺れてとてもかわいらしいこと。

そして、花を撮ったつもりだったのですが、メダカが紛れているのが見えますか?
撮ろうとすると隠れてしまうのに、ちゃっかり映り込んでいました。

a0353277_16492513.jpg
古代蓮も蕾をつけています。一般の住宅では花を咲かせるのが難しいと噂の古代蓮。
このままきれいに咲いておくれ!と見守ろうと思います。

佐谷田展示場スタッフ  小山

# by Kadoi_GreenGarden | 2017-06-20 16:52 | Comments(0)

ほたる

蛍が行田にいるのを御存知ですか?

行田市にあります『古代蓮の里』にて、この期間は蛍を観察することができます。

駐車場より近い古代蓮池から北へ進むと、広さ約5,700平方メートルの水生植物園があり、

珍しい水辺の植物を間近から観察できます。

6月中旬から7月中旬になると水生植物園奥のホタルの島周辺では、ホタルを観賞することができます。


食後の散歩にちょうどいいけど、まだ時期が早いかなーと思いつつ様子を見に行くと・・・

いました!全部で30~40匹。家の近くにこんなに素敵な場所があったとは!

蛍は、毎年小学生が幼虫を育て、ボランティアの方と協力をして環境整備や観察を行っているそうです。

強い風の吹いてない静かな夜に、そっと自然の中に身を置くのも豊かな生活といえるのではないでしょうか。


佐谷田展示場スタッフ 小山


# by Kadoi_GreenGarden | 2017-06-13 15:02 | まちづくり | Comments(0)