大野建設のモデルハウス行田市周辺で自然素材の注文住宅リフォーム ~緑と陽だまりのある暮らし:きづくり~
ブログトップ | ログイン

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ジャパンホームショー2016「大工の手・クッションスツール」展

10月26日~28日の間
東京ビッグサイトで行われる

第38回ジャパンホームショーの中で、

新建新聞さんとわざわ座の共催による
「大工の手」展覧会が開催されます。
***

家づくりに取り組む職人の手仕事に
宿るものづくりの素晴らしさを伝え、
つくり手と使い手の心をつなぐこと。

そして地域性を宿した家具を作り出すこと。

「わざわ座」の趣旨であり目的です。
***
「わざわ座」の座衆である大野建設でも
クッションスツールを出展させて頂きます。

どのように作られたか?のご報告です。

まずはスツール。

a0353277_04341183.jpg
お建替えの解体現場より出たクリの框の
古材を再利用し、
弊社が誇る匠の大工
馬場清が作成致しました。

馬場さんのご紹介をほんの少し…。
馬場大工は16歳で社員大工として
入社以来大工歴49年で、
2011年には
優秀施工者 国土交通大臣顕彰
受賞した大ベテランです。

馬場大工の手仕事…
ここが「わざわ座趣旨」の①ですね。

お次が「わざわ座趣旨」の②。
弊社の常務(使い手)が②を担います。

場所はこちら。
a0353277_04345996.jpg
行田市の牧禎舎さんでお世話になりました。
http://makitei.blog90.fc2.com/
a0353277_04352150.jpg
左が藍染の工房です。

ここ行田市周辺で江戸から大正に
かけて盛んだった武州藍染。
今回は藍染めのクッションカバーで
地域性を反映させることに致しました。

右はイベントなども開催される古民家です。
建物も中庭もとても趣があり、
「藍染め」チャレンジの気持ちを
盛り立ててくれます。

a0353277_04361385.jpg
こちらが藍色を生む植物です。

a0353277_05031781.jpg
まずはスタッフの永島さんから
染めの流れの説明を受けます。

a0353277_04375590.jpg
いよいよ布地を藍に浸けます。
優しいアイボリーの布、
少し厚めで折り柄が入っています。
藍のカメの中で揉みこみ、
ゆらゆらすることしばらく。

a0353277_04382455.jpg
カメの中は「藍」が想像し難いこんな色。
ここに浸すことで、あの美しい青に
なるなんて不思議ですね。

a0353277_04392677.jpg
絞って…

a0353277_04393894.jpg
しばし干し…
(もう一枚、予備を作業中。)

a0353277_04414739.jpg
もう一つのカメで同じ作業をします。
揉みこみ、ゆらゆら…。

1つ目のカメ→2つ目のカメ…
これを2順、計4回、
カメの中で布を泳がせます。

a0353277_04423753.jpg
小さい布の落下防止のために
カメにはザルが敷いてありましたよ。
カメの中は結構深いです。

a0353277_04425886.jpg

4回目が終わると、
余分な藍をすすぎ落とします。

a0353277_04433896.jpg
かなりしっかり、じゃぶじゃぶ。
(真ん中のおちびさんは
一緒に水遊びしたくてうずうず…。)

仕上げは洗濯機の脱水で
水気を飛ばして…干します。

最初から最後までスタッフの永島さんが
丁寧に作業を見守ってくれます。

a0353277_04491344.jpg
途中、休憩にお茶を
ふるまってくださいました。
a0353277_04495380.jpg
パンフレットも素敵ですね。

スタッフの永島さんのデザインかな??
永島さんの本業はデザイナーさん。
大野建設の注文住宅部門の季刊誌
夢ひろば」のデザイン・編集を
いつもお願いしております。
牧禎舎さんに置かれたパンフレット類も
永島さんのデザインのものが
並んでいたりするんですよ。
イベント情報などもあり、
パンフレット類に
目を通すのも休憩中の楽しみ。

a0353277_04482819.jpg
まだ湿っていますが、
仕上がりはこんなお色に。

ムラもなく、きれいな藍色が出ました!

a0353277_04514727.jpg
こんなふうに丁寧に包んで
渡してくださいます。

このパンフレットのお写真は
永島さんのカメラマンの弟さんが
撮影したものなのだそうです。
(芸術家姉弟!!)

使い込まれた足袋の型が脚光を浴びていて、
職人さんのかっこよさも
伝わってくるようです。


作業の晩はお家で一晩水に浸けたまま。
(布を使用するときに藍が
移らないよう、抜ける藍を抜きます。)
次の日にカラッと干して…。
また水に浸して→脱水…×3。
ここまでできたら
色移りの心配はなさそうですね。

a0353277_04532628.jpg
牧禎舎さんには藍染された
完成商品も置いてあります。

作家さんの個性が出ていて
素敵な作品ばかり。
a0353277_04541633.jpg
私は藍の糸が使われた
こぎん刺しのアクセサリーが
付いたヘアゴムを購入しました。

a0353277_04552356.jpg
完成はこちら。
カバーは私が縫いました。

四角に縫うだけ。
簡単です。

…と言うことは…
どなたでもお好きな布地を使った
カバーを楽しんで頂けます。
季節ごとに変えてみるのも
インテリアの楽しみのひとつですね。

a0353277_04560487.jpg
和室でも…。

a0353277_04562070.jpg
リビングでも…。

a0353277_04563386.jpg
2Fのちょこっと休憩スペースでも…。

使い方はその人次第の
万能クッションスツールができました。

この藍に「愛」を感じてしまった常務。
スツールをとても欲しがってますが…
特別扱いはなしっ!!
出展終了後は展示場で活用されます。

とにかく手放すのが惜しそうな常務の様子…
やはり自分の手を掛けたものは
愛情が違いますね。

材料から作業工程のひとつひとつ、
すべてが「目に見える」…
まさに、
注文住宅をつくる
会社の家具といったところです。

古材の再利用と地域の伝統、
そして手仕事によって
愛着のある一脚となりました。

素材:クリ(古材の框 再利用)
仕上げ:亜麻仁オイル仕上げ
張地:綿布+武州藍染仕上げ


投稿:オオノ リエ


by Kadoi_GreenGarden | 2016-10-22 08:00 | イベント | Comments(0)

家具は…選ぶ?つくる?②<ムク材のキズ>


ムク材はキズとの闘い…って思ってませんか?

確かに、キズは付いてしまいます。

傷はつきやすいですが、
逆を言えばメンテナンスも
しやすいと言えますよ。

傷はついても、やっぱり、ムク材との
暮らしは心地よいことが多いのです。

我が家は
今は縁あって、一軒家を借りていますが、
せっかくの賃貸ならば、
いろいろ住んでみよう!と、
これまでアパート、マンションを何度か引越し、
住まいごとに床も色々でした。
アパートマンションは複合フローリングがほとんどで色も色々。
ダークブラウンとライトブラウンなどなど。
クッションの利いた複合フローリングの
住まいもありました。

ダークブラウンは白系のゴミ、
ホコリやチリが存在感を放ちます。
モノを落としてへこんでしまうと…
掘られた凹み部分が白く。。。
ホームセンターなどの
「かんたん補修セット」で補修してみるも…
やっぱり目立ってしまいます。

ライトブラウンは黒系のゴミ、
髪の毛が主張します。
実は、髪の毛って意外と抜けてます。。。↓
http://www.nukeken.jp/m-3.html
(なんと興味深い研究会!!)

そして、どちらにも共通するのが、
わんこたちの可愛い足跡、
…だけでなく、人間の可愛くない足跡、
手をついたときの手跡。
これが光の加減でテラテラと見えてしまう。
(人って思ってるより汗かきなんんですよ。。。↓)
https://happylifestyle.com/11140
テラテラが曇ったようにくすみます。
どうしても気になって…
掃除機のあとスチームモップで
お掃除しておりました。
これを毎日。。。
その時はこんなものかと思っておりました。

が!

今の築20年ほどの一軒家のムク床のお家。
ナラのムク床がきれいに焼けています。
チリ・ホコリ・髪の毛、すぐに目につく
というようなことはありません。
掃除機は毎日ですが、
スチームモップは週1~月1くらいです。
※※※
ムク材にはスチームモップは
おススメされてないようですので、
ご使用の際は、お気を付けください。
私はわんこたちと生活しているので、
軽めにかけて表面の汚れを取っています。
※※※

でも、一番のおススメポイントは
「お風呂上り」と「梅雨時期」!!
足ざわりが本当に快適です!!
複合フローリングを歩く
「ぺたっぺたっ」という不快感がゼロ。
季節を問わず、いつだってサラサラと歩けます♪

そして大切なのは、このもの言わぬ家族たち…
ペットの関節に優しい!!

ツヤツヤとした複合フローリングでは
横滑りしていた小さな我が愛犬たち。
立っているだけも、ツツツ…と足が
開いてしまったり。

でも、ムク床では滑りません。
いつだって
力強く!!立ち!
力強く!!ダッシュ!
なのです。

a0353277_03040563.jpg

もちろんそれは人間の関節にも
優しいということですね。

さらに
我が家のダイニングテーブルは

弊社大工さんの手づくりです。

今は毎日こんなことになっています。。。

a0353277_03045447.jpg

画用紙の到着を待てない男児が
テーブルに道を書いてミニカーを元気に走らせます。
落書きはほんの序の口。

そして…
こちらのキズ。

a0353277_03061693.jpg

少し前のこちらの男児の流行りのおかげ…。

大好きなものを食べたら「うまっ!」と
言いながら、スプーンのおしりで
テーブルをコツコツすること。

最初の「コツ」で「あ~!!!」と…。
止める間もなく嬉しそうに
コツコツコツコツコツコツ「うまっ!」。

でも♪
こちらのテーブルは表面を
削ってメンテナンスができるのです。
成長が落ち着いたら、
きれいに削ってメンテナンスしよう、
と思ってました。

そして、
コツコツをやらなくなった今、思うのは、
おそらくメンテナンスはしないだろうな…と。

2歳の息子が「美味しい」を
伝えるためにできたキズ。
もうコツコツしないで「美味しい!」と
教えてくれるようになり、
キズは「愛しい『あと』」になりました。

床もダイニングテーブルも
ムク材であれば
表面を削って簡単にきれいにすることが
できてしまいます。

家族の成長とともにあるキズは、
思い出になった時には
ただの「キズ」ではなくなっているんですね。

息子の身長を柱に刻む…
やってみたくなりました。



大野建設
投稿:オオノ リエ


by Kadoi_GreenGarden | 2016-10-02 08:30 | 家づくり | Comments(0)