大野建設のモデルハウス行田市周辺で自然素材の注文住宅リフォーム ~緑と陽だまりのある暮らし:きづくり~
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:家づくり( 13 )

建物探訪リフォーム編 鴻巣市〜ジュータくんとビルドくんが行く〜

新年明けまして初投稿となります。
皆さま、寒中お見舞い申し上げます。

大野建設の季刊誌「夢ひろば」を
ご存知でしょうか?

a0353277_02261772.jpg

主に住宅の新築・リフォームOBさまや

展示場に来展されるお客様に
お渡ししている季刊誌です。


今回の表紙…
夏に、こちらのモデルハウス
「きづくり〜緑と陽だまりのある暮らし〜」の
写真撮影をして頂いた
鴻巣市の池沢スタジオさんの
お写真の数々となっております。
今回の夢ひろばではリフォーム物件の
ご紹介として池沢スタジオさんを
掲載させて頂いております。

そして…
なにやら聞いたことのあるような
ブログのタイトル。
「J&B」コンビは広報サポーターです。
建設会社の広報サポーターと言えば
こんなことしてみたいですよね♪

リフォーム後の池沢スタジオさんに
ジュータくんとビルドくんと
ご挨拶・取材に伺って参りました。


秋から冬に変わるころ…
夕方、明かりが灯ると雰囲気が
ガラッと変わる正面玄関。

a0353277_02374144.jpg

木の温もりをふんだんに
感じるデザインです。
あたたかそうな明かりに
池沢スタジオさんが浮かび上がります。
池沢スタジオさんは勝願寺に続く参道にあります。
整えられた参道を辿ると勝願寺は歩いて1分。
(写真右に見えてますね。)
お宮参り・七五三…と、
撮影スポットに恵まれた立地です。

正面扉を開くと…
a0353277_02383496.jpg
歴史の重鎮を撮影する時に
出て来そうなこちらのカメラ、
「アンソニー」さんがお出迎え。
大正期から親子4代に続いて営む
鴻巣市の老舗写真館の池沢スタジオさん。
こちらのカメラでオープンから
たくさんの笑顔を撮影されてきました。

階段は小さなギャラリースペース。
a0353277_02403252.jpg

待合室。
a0353277_02405302.jpg
ここでゆっくり撮影の相談に
乗って頂けます。

旧スタジオの塗り壁をそのまま
活かしているので、塗りの雰囲気が
とってもカッコイイんです。

2階の窓からは勝願寺さんが
「すぐそこ」に見えますよ。

棚には…表彰の数々。
a0353277_02413823.jpg
お尋ねすると、受賞作品の
お写真を見せてくださいますよ。

a0353277_02415422.jpg
撮影に使われる椅子は
何脚もご用意されています。
お客様のお衣裳にふさわしいものを…
との思いからです。

奥さまのお気に入りがこの扉。
a0353277_02421959.jpg
控室・身支度室の扉です。
設計士さんからのご提案の際は
「どうなるの??冒険!?」と
思っていたこのお色。
優しい木の雰囲気の中、
モダンなアクセントになって
今ではとってもお気に入り…
とのことです。

自分の想像を超える提案に
驚きを超えて、
結果、お気に入りになってしまう
…設計士さんを入れる
醍醐味ですよね。
[設計 白田 和裕氏]

そして…
こちら!!
新しくなりました撮影スタジオです!
a0353277_02434864.jpg
後姿はカメラマン・池沢さんです。
奥さま曰く、「カメラマンという職人」さん。
職人さんの熱心な後姿
…かっこいいですよね。
(展示場撮影の日際も、下見で
時間による陽の当たり方まで
チェックしてくださる念の入れよう!
おかげさまで素敵な写真の
数々となりました。)

以前我が家のクリスマス飾りで
活躍してくれたチェキ撮影の
ポラロイド写真。
[2016年12月24日 ブログ]
http://kizukuri4.exblog.jp/23496478/

池沢スタジオリニューアルオープン記念に
ご来店のお客さまを「パチリ」と撮影して
奥さまが一人一人に手作りして
くださった写真しおりです。
奥さまは「アルバム大使」という
アルバム作りの資格もお持ちです。
すごく楽しそうな資格名!

さて…写真屋さんのご紹介で
まさか私の拙いお写真だけで
終わるハズはないのです♪

こちら。

池沢さんご撮影のお写真をご覧ください。
a0353277_02472309.jpg
before

after
a0353277_02475396.jpg
a0353277_02482927.jpg
before

after
a0353277_02483771.jpg
この真っ白な広がりを感じるスタジオ!

背景の壁と床の区切りがありません。
ゆっくりとしたカーブでできています。
奥行が感じられ、被写体を
自然な形で協調してくれる背景。
TV・映画などの大きな撮影現場で
使用されている技法です。

ご家族の記念を残す際には
池沢スタジオさんにご相談ください。

とても親身にご提案してくださいますよ。

*****
a0353277_03014929.jpg
ご挨拶が遅くなりまして
大変失礼致しました。
今年もどうぞ
よろしくお願い申し上げます。



投稿:オオノ リエ



by Kadoi_GreenGarden | 2017-01-22 07:35 | 家づくり | Comments(0)

家具は…選ぶ?つくる?②<ムク材のキズ>


ムク材はキズとの闘い…って思ってませんか?

確かに、キズは付いてしまいます。

傷はつきやすいですが、
逆を言えばメンテナンスも
しやすいと言えますよ。

傷はついても、やっぱり、ムク材との
暮らしは心地よいことが多いのです。

我が家は
今は縁あって、一軒家を借りていますが、
せっかくの賃貸ならば、
いろいろ住んでみよう!と、
これまでアパート、マンションを何度か引越し、
住まいごとに床も色々でした。
アパートマンションは複合フローリングがほとんどで色も色々。
ダークブラウンとライトブラウンなどなど。
クッションの利いた複合フローリングの
住まいもありました。

ダークブラウンは白系のゴミ、
ホコリやチリが存在感を放ちます。
モノを落としてへこんでしまうと…
掘られた凹み部分が白く。。。
ホームセンターなどの
「かんたん補修セット」で補修してみるも…
やっぱり目立ってしまいます。

ライトブラウンは黒系のゴミ、
髪の毛が主張します。
実は、髪の毛って意外と抜けてます。。。↓
http://www.nukeken.jp/m-3.html
(なんと興味深い研究会!!)

そして、どちらにも共通するのが、
わんこたちの可愛い足跡、
…だけでなく、人間の可愛くない足跡、
手をついたときの手跡。
これが光の加減でテラテラと見えてしまう。
(人って思ってるより汗かきなんんですよ。。。↓)
https://happylifestyle.com/11140
テラテラが曇ったようにくすみます。
どうしても気になって…
掃除機のあとスチームモップで
お掃除しておりました。
これを毎日。。。
その時はこんなものかと思っておりました。

が!

今の築20年ほどの一軒家のムク床のお家。
ナラのムク床がきれいに焼けています。
チリ・ホコリ・髪の毛、すぐに目につく
というようなことはありません。
掃除機は毎日ですが、
スチームモップは週1~月1くらいです。
※※※
ムク材にはスチームモップは
おススメされてないようですので、
ご使用の際は、お気を付けください。
私はわんこたちと生活しているので、
軽めにかけて表面の汚れを取っています。
※※※

でも、一番のおススメポイントは
「お風呂上り」と「梅雨時期」!!
足ざわりが本当に快適です!!
複合フローリングを歩く
「ぺたっぺたっ」という不快感がゼロ。
季節を問わず、いつだってサラサラと歩けます♪

そして大切なのは、このもの言わぬ家族たち…
ペットの関節に優しい!!

ツヤツヤとした複合フローリングでは
横滑りしていた小さな我が愛犬たち。
立っているだけも、ツツツ…と足が
開いてしまったり。

でも、ムク床では滑りません。
いつだって
力強く!!立ち!
力強く!!ダッシュ!
なのです。

a0353277_03040563.jpg

もちろんそれは人間の関節にも
優しいということですね。

さらに
我が家のダイニングテーブルは

弊社大工さんの手づくりです。

今は毎日こんなことになっています。。。

a0353277_03045447.jpg

画用紙の到着を待てない男児が
テーブルに道を書いてミニカーを元気に走らせます。
落書きはほんの序の口。

そして…
こちらのキズ。

a0353277_03061693.jpg

少し前のこちらの男児の流行りのおかげ…。

大好きなものを食べたら「うまっ!」と
言いながら、スプーンのおしりで
テーブルをコツコツすること。

最初の「コツ」で「あ~!!!」と…。
止める間もなく嬉しそうに
コツコツコツコツコツコツ「うまっ!」。

でも♪
こちらのテーブルは表面を
削ってメンテナンスができるのです。
成長が落ち着いたら、
きれいに削ってメンテナンスしよう、
と思ってました。

そして、
コツコツをやらなくなった今、思うのは、
おそらくメンテナンスはしないだろうな…と。

2歳の息子が「美味しい」を
伝えるためにできたキズ。
もうコツコツしないで「美味しい!」と
教えてくれるようになり、
キズは「愛しい『あと』」になりました。

床もダイニングテーブルも
ムク材であれば
表面を削って簡単にきれいにすることが
できてしまいます。

家族の成長とともにあるキズは、
思い出になった時には
ただの「キズ」ではなくなっているんですね。

息子の身長を柱に刻む…
やってみたくなりました。



大野建設
投稿:オオノ リエ


by Kadoi_GreenGarden | 2016-10-02 08:30 | 家づくり | Comments(0)

家具は…選ぶ?つくる?①


夏の暑い盛り、ちびっ子モデルさんたちが
頑張ってくれた写真が出来上がりました!

[撮影:池沢スタジオ]
http://www.ikezawa-studio.com/


お二人が乗って遊んでのは、
ハンガーとベンチが一つになっている家具です。

a0353277_02024672.jpg

お二人さんのように遊具として
活用するのも大正解!!

撮影中は、上って、座って、
バーに触ろうと跳ねて、ジャンプして降りて…
さんざん繰り返しておりました。
ビクともしない頑丈な作りの家具!

大はしゃぎの元気なお二人さんが
おとなしく遊んでるショットの撮影は
「その一瞬」を狙ってくださった
カメラマン池澤さんの腕ですね。

小さいときは大きいお部屋のまま
こどもたちが一緒に仲良く使って。

a0353277_02042754.jpg

こんな風に寝転がって。
好き放題動いて踊って♪

思春期に近づいて来たら
このハンガーベンチにお洋服を掛けて、
お部屋を二つにゆるやかに区切ります。

思春期真っ只中は、
天井までの棚を作って一部屋ずつに
きちんと区切って上げることも可能です。

こどもたちが巣立ったら…
お父さんとお母さん、ひとりひとりの書斎でも。
また一つの空間に戻しても。

壁は空間の使い方を制限してしまいます。

壁を可動する家具にするだけで、
その時の家族に合ったお部屋の
使い方ができますね。

こちらの丸テーブル、大人気!

a0353277_02064794.jpg

丸テーブルは人数を制限しないのが
一番の利点です。

椅子が置ける分だけ人々がテーブルを囲めます。

どちらの家具も弊社の大工・横田棟梁の
手から生まれました。

この「緑と陽だまりのある暮らし」を
建てた大工さんです。

このほかにもいくつか、展示場にある家具は
横田棟梁の手から生まれています。

…木の家を建てた大工が、
誠実な素材でその家に似合う家具をつくり、
家と一緒に永く愛着をもって使ってもらう…
『大工の手』

「大工の手」プロジェクトとは?
http://wazawaza.or.jp/daikunote/

家具は意外と体が触れることの多い
「暮らし」の重要ポイントです。

家を建ててくれた顔見知りの大工さんに
信頼できる素材で信頼できる家具を
作ってもらう…

家にとっても、人にとっても最高の贅沢ですね。

ハンガーベンチ:ita-hanger bench B / 丸テーブル:hashira-table
[Design:小泉誠+Koizumi studio]



投稿:オオノ リエ


by Kadoi_GreenGarden | 2016-09-09 09:30 | 家づくり | Comments(0)

まもなくオープン!!



3
25日「緑と陽だまりのある暮らし」の勉強会が開かれました。

a0353277_20534803.jpg
設計・西尾春美さんのコンセプト。

中島監督の現場のお話し。

ほか、設計士さんたちの家づくりへの思い。

さまざまな熱い発表が飛び交います。

家という箱を提案するだけでなく、

暮らしを提案できるよう、みな真剣です。

・・・

さて、夕刻に現場へ。

先ほどの勉強会の内容を噛みしめつつ、改めて完成前を堪能します。

ジュータくんとビルドくんのいる手すりの向こうは、なにやら「あみあみ」。

(網ですよ。)


a0353277_20553137.jpg

こちらは吹き抜け部分の作業台。

下から見上げるとこんなに透けすけ。(下写真)

…そして…ちょっとゆらゆらと…揺れます!!

こんな足場で作業なんて!

大工さんと職人さんて、本当にすごい!


a0353277_20574123.jpg


吹き抜けを挟んで、部屋の窓が向かい合い

そして、その横に位置する窓からは夕景が見えます。


ここは家族の声が飛び交う空間。


下から「ご飯だよ~!」と呼べば、吹き抜けを通じてみんなに号令が聞こえます。

どこに居ても家族を感じる吹き抜けです。


ジュータくん&ビルドくんの手前は2Fホールのちょっとしたスペース。

このスペースがくつろぎ空間を生み出しますよ♪

ただ今、策を練りつつ…準備中。

是非ともこの「くつろぎ空間」を感じにいらしてくださいね。

・・・

そとに回って。。。

a0353277_20592307.jpg

こちら、通りがかりの方たちから「ここが玄関ですか?」と聞かれます。

いえいえ、ここは勝手口なんです!

洗面所からつづく、こんな素敵な勝手口♪

洗面所からデッキへ出て洗濯物を干し、デッキを降りると家庭菜園。

家庭菜園で汗をかいた体は、勝手口から入ってすぐのお風呂場でサッパリと。


なんだか暮らしが見えて来ませんか?


勝手口の横はおふろの窓。

この位置がまたまたポイントなんです♪

おふろのご紹介はまた今度。





投稿:オオノ リエ



オープンイベント詳細は こちら です。
行田・体験宿泊モデルハウス「新・きづくり」オープンイベント


by Kadoi_GreenGarden | 2016-03-25 21:05 | 家づくり | Comments(0)

足場が外れました!

にしお設計室の西尾です。

昨日、22日現場に行ってみると足場が外れていました!

a0353277_0505917.jpg

デッキなどが完了しますと、大工工事が終わります。
大工さんはあと数日です。
a0353277_051869.jpg

キッチンと、洗面脱衣室
a0353277_0511715.jpg

居間から和室、居間からキッチンを見ています。
白い壁は、まだ下地材です。
a0353277_0512643.jpg
吹抜け、子供室のロフト です。

色々な職人さんが入っていて、あわただし雰囲気になってまいりました。

来週、私にとってのメインイベントが待っています。
外構の庭づくり、植栽工事・・・こちらは、職人さんと一緒になって私も動きます。
ほかの建築家の方々と、ここが私の違いでしょうか。。。
いちおう、グリーンアドバイザーの資格もあるんですよ。
住まいと庭のつながりを考え職人さんと話し合いながら作ってゆきます。
体調を崩さないように気を付けねば。。。

報告、どうぞお楽しみに!


自邸での日々の暮らしや住まいに対するおもいを ブログに綴っています。
『雑木林の家から-nishio』

by Kadoi_GreenGarden | 2016-03-23 23:49 | 家づくり | Comments(0)

もうすぐ、足場が外れます!

にしお設計室の西尾です。

3月のはじめ、外構の業者さんとの打合せしました。いよいよ終盤のことを決めてゆきます。
その様子は、コチラ!

昨日の現場はこんな感じです。

a0353277_032199.jpg

あと数日で、足場も解体されます! 私もスタッフ皆さんもわくわくの瞬間が・・・
a0353277_0321690.jpg

外壁の左官も完了していました。
a0353277_0323084.jpg

これは、玄関を入ると眼にとまる、和室の風抜き障子部分。花瓶などのしつらえができるように膳板を広く取っています。
a0353277_0324574.jpg

寝室から吹き抜け空間を見たところ・・・
a0353277_0325857.jpg
子供室のロフト部分

まだまだ、イメージは伝わらないかもしれませんが、こらからの半月・・・どんどん変化してゆきます。


自邸での日々の暮らしや住まいに対するおもいを ブログに綴っています。
『雑木林の家から-nishio』

by Kadoi_GreenGarden | 2016-03-16 23:30 | 家づくり | Comments(0)

[エイリアン期]に突入!!


ちょっと前になりますが…3月初旬の「緑と陽だまりのある暮らし」の状況です。


晴れた日に「庭づくり」の打ち合わせを致しました。

a0353277_18132660.jpg


あれれ。この門井タウンの庭づくり第一人者の西尾さんがいない…?


a0353277_18163935.jpg



…と思ったら、中島監督にすっぽりと隠れていました。


この大きな背中の中島監督、建築・外構・家づくりのことなら全般お任せを!

というくらい知識豊富な頼れる監督です。

この大きな背中が「頼れる男」だと物語ってます。


さてさて、建物の進捗状況はいかがでしょう?

a0353277_18172047.jpg

ベテラン大工さんお二人が施工前に確認中のこの三角板5枚。。。

a0353277_18175940.jpg


階段の踊り場です!

階段ってこうやって作られていくのですねぇ。

今は一段だけ、宙に浮いているようです。


そして…完成前の今だけのお楽しみが♪

a0353277_18183846.jpg

ちょっとエイリアンのように見えませんか?

この配線の数々!
[ THE! エイリアン期]

どこもかしこも、梁や柱にエイリアンが巻き付いています。

a0353277_18190395.jpg

「シガニー・ウィーバー(映画:エイリアン)」気分で

柱に隠れつつ、そっとこっそり見回ります。
…探検気分♪…


a0353277_18195376.jpg


お家の中にはクネクネとこんなに配線が回してあるんですね。


…さて…。

a0353277_18205383.jpg


きれい好きの横田さん、本日の相棒はこの昔ながらのほうきとオレンジのちりとり。

今日も作業の合間を見てはせっせとお掃除です。


そして、外には…

a0353277_18212509.jpg

この竹ぼうき!

「キキ」が中から飛び出してこないかな?(映画:魔女と宅急便)



~おまけ~

こんな美味しいものを戴きました。

a0353277_18221829.jpg

設計士の西尾さんお手製の「ネーブル マーマレード ジャム」。

皮の苦みがちゃんと残ってて、大人の甘さのジャムです。

果肉も皮もとろけずに具だくさんで美味しい♪

焼き立てパンに乗せたらオレンジの香りがふ~んわり。
(※残念ながらグーチョキパン店のパンではありません。。。)

西尾さんのブログには美味しいお料理がたくさん登場します。
http://barunishio.exblog.jp/

お腹がすいてる時の閲覧はご注意くださいね!



投稿:オオノ リエ







by Kadoi_GreenGarden | 2016-03-14 18:42 | 家づくり | Comments(0)

キッチンの窓

にしお設計室の西尾です。

a0353277_1046592.jpg

現在進行中の門井の現場のキッチン前にある なんてことのない、引違の窓です。
囲われた中での台所作業が主流だった「昭和」から、お子さんや家族との対話を大切に考え最近では、アイランド型キッチンが主流になりました。
一方で、壁付き型キッチンの良い部分も知っていただければと、今回のモデルでは壁付き型にしました。

実は、そのプロトタイプなるものが存在します。
9年前に建てた、私の自邸です。同じように引違窓があります。
そのころのブログを編集して、こちらでも紹介いたしますね。


c0124100_12132690.jpg

我家のキッチンの窓は、様々な機能を持ちます。
下枠だけ、人工大理石。
窓内法いっぱいに、ステンレスパイプを渡してもらいました。
これがいろいろな役割を果たすのです。

リビングから丸見えだけれど、とにかく「お客さんが来たときに…」という発想ではなく、
自分たちが、眺めて気持ちのいいものを置いておけばよいのではないか?
というのが私のしつらいのスタンス…。

作業しながら、外の四季の緑の変化や鳥たちを観察。ずっと心地よくいられる空間です。

c0124100_1214541.jpg


フキンには、少しだけお金をかけました…「○○商店」なんて書いてあるフキンをずっと眺めているのが嫌になってきたので、気に入った柄の手ぬぐいに。
殆どの物を食器洗い機で片付けるけれど、デリケートなグラスだけ洗って風通しの良いこの窓に乗せておく。

c0124100_12142381.jpg


イタリアで見つけた計量カップ。シンプルで使いやすい。頻繁に使うので、吊り下げた。
保存袋もリサイクル。洗って洗濯バサミにはさんで干しています。
印刷したレシピを作業中吊り下げておくのにも使います。

外部の庇には、風に揺れる風鈴。。。


ある日100均DAISOで見つけました。 「S字フック付きウッドピンチ6個」

c0124100_13523830.jpg

以前は、普通のプラスチックのピンチをひもで下げていました。
あまりに味気ないので、木製のピンチに変えようと思っていたら…下げられるS字フック付きがあったのです!

このように工夫をしながら、少しでも長くいられるような居心地のいい空間をカスタマイズしてゆけたら、暮らしも豊かにしてゆけますね。


自邸での日々の暮らしや住まいに対するおもいを ブログに綴っています。
『雑木林の家から-nishio』

by Kadoi_GreenGarden | 2016-03-09 10:47 | 家づくり | Comments(0)

腕の良い大工さんの現場には…

a0353277_14440751.jpg
大野ブルーの空のもと、
同じく青いシートの向こうに、お家の形が見えて参りました!

本日は2階に直行致します。
オープンの迫る現場、横田大工さんのお邪魔はできません。
2階からそっと横田さんの作業を見守ります。

その前に…難関!
『簡易スケルトン階段』!!!!!
a0353277_14554455.jpg
たとえ2階といえど、下が見えたら足がすくみます。。

ジュータくんとビルドくんを相棒に
無事、登頂!!
a0353277_18103824.jpg
吹き抜けから下を見ると…
黙々と作業をする大工の横田さん。
床を張り、塵が出るとほうきを持ち…を繰り返します。

腕の良い大工さんは現場をきれいに保ちます。
a0353277_14480512.jpg

きれい好きの横田大工さんの相棒は、ほうきとちりとり
…そして…

a0353277_14510792.jpg
マキタの業務用ハンディクリーナー♪
いつでも手の届くところに配備。
今の定位置は近くの柱に。

現場の美しさを見ると、大工さんの腕の良さは一目瞭然です。

『美しい建物は現場から美しい!』のです。



投稿:オオノ リエ



by Kadoi_GreenGarden | 2016-02-19 18:36 | 家づくり | Comments(0)

2月4日現場打合せ

にしお設計室の西尾です。
定期的に、私も現場に通って打合せをさせていただいております。

まだ、ベールに覆われておりますが、大野建設さんの現場は、きれいに整理整頓されていていつも気持ちいいです。 見た目だけでなく、整理されている現場は結局のところ「探す」時間の短縮につながります。a0353277_1138127.jpg

a0353277_11441276.jpg木製サッシの取り付けが終わっていました。

ガッチリしていますが、引き込みはスムーズでとても軽く動きます。

a0353277_11433293.jpg
大工の横田さん、1つ1つ丁寧に仕事してくださいます。 いつもありがとうございます!

a0353277_11434451.jpgハーフユニットバスを採用しています。

上部にサワラの板を張ります。良い香りを見学会では体験していただきたいと思います。










監督の中島さんです。

ガタイは大きくても、細部のところまで心配ります。

結局、設計の私がいちばん大雑把なのですが・・・(苦笑


きっと、これでバランスがとれているのじゃないかと思います。



自邸での日々の暮らしや住まいに対するおもいを ブログに綴っています。
『雑木林の家から-nishio』

by Kadoi_GreenGarden | 2016-02-08 11:33 | 家づくり | Comments(0)