大野建設のモデルハウス行田市周辺で自然素材の注文住宅リフォーム ~緑と陽だまりのある暮らし:きづくり~
ブログトップ | ログイン

キッチンの窓

にしお設計室の西尾です。

a0353277_1046592.jpg

現在進行中の門井の現場のキッチン前にある なんてことのない、引違の窓です。
囲われた中での台所作業が主流だった「昭和」から、お子さんや家族との対話を大切に考え最近では、アイランド型キッチンが主流になりました。
一方で、壁付き型キッチンの良い部分も知っていただければと、今回のモデルでは壁付き型にしました。

実は、そのプロトタイプなるものが存在します。
9年前に建てた、私の自邸です。同じように引違窓があります。
そのころのブログを編集して、こちらでも紹介いたしますね。


c0124100_12132690.jpg

我家のキッチンの窓は、様々な機能を持ちます。
下枠だけ、人工大理石。
窓内法いっぱいに、ステンレスパイプを渡してもらいました。
これがいろいろな役割を果たすのです。

リビングから丸見えだけれど、とにかく「お客さんが来たときに…」という発想ではなく、
自分たちが、眺めて気持ちのいいものを置いておけばよいのではないか?
というのが私のしつらいのスタンス…。

作業しながら、外の四季の緑の変化や鳥たちを観察。ずっと心地よくいられる空間です。

c0124100_1214541.jpg


フキンには、少しだけお金をかけました…「○○商店」なんて書いてあるフキンをずっと眺めているのが嫌になってきたので、気に入った柄の手ぬぐいに。
殆どの物を食器洗い機で片付けるけれど、デリケートなグラスだけ洗って風通しの良いこの窓に乗せておく。

c0124100_12142381.jpg


イタリアで見つけた計量カップ。シンプルで使いやすい。頻繁に使うので、吊り下げた。
保存袋もリサイクル。洗って洗濯バサミにはさんで干しています。
印刷したレシピを作業中吊り下げておくのにも使います。

外部の庇には、風に揺れる風鈴。。。


ある日100均DAISOで見つけました。 「S字フック付きウッドピンチ6個」

c0124100_13523830.jpg

以前は、普通のプラスチックのピンチをひもで下げていました。
あまりに味気ないので、木製のピンチに変えようと思っていたら…下げられるS字フック付きがあったのです!

このように工夫をしながら、少しでも長くいられるような居心地のいい空間をカスタマイズしてゆけたら、暮らしも豊かにしてゆけますね。


自邸での日々の暮らしや住まいに対するおもいを ブログに綴っています。
『雑木林の家から-nishio』

by Kadoi_GreenGarden | 2016-03-09 10:47 | 家づくり | Comments(0)